金フレを完璧にする勉強法【単語力強化】

3月 10, 2020

TOEIC単語強化を目的に本書を購入して約1年が経過しました。金フレを購入する前に、良い評判と悪い評判(使いにくい)の両方が目にとまったので、1年使用して実際どうだったのかという感想を記録したいと思います。

金フレとは?

タイトル:

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

内容:

前作から4年半。絶対のバイブル「金フレ」が新形式に対応して大改訂。
TEX加藤氏が魂を込めて分析を続け、力の限りを凝縮した「100%の出る単語帳」。
質・内容・コスパ、これ以上のTOEIC単語集はありません。
全単語、フレーズの無料音声付き。
スマートフォン無料アプリ対応。

amazon|商品の説明

著者のこだわり

TOEIC対策用単語帳として長年上位ランキングに君臨するだけの理由があります。金フレの魅力3点を以下にまとめてみました。

  • 著者のTEX 加藤さんは新旧TOEIC TESTで990点を連続取得
  • 公式教材+本番試験の中から書き留めた超頻出単語ばかり掲載
  • TOEICが求める「基本的なビジネス単語を広く使いこなす」力を養う

私はTOEICの点数をサクッとあげるため、TOEIC頻出単語のみが集中して掲載されているという点に惹かれて購入しました。が、TOEIC以降も実践的なビジネス英語としての単語力が上がるように設計されているようです。

TOEICレベルと単語数

ありがたいことにTOEICレベル別に単語が分かれており、合計1000個の見出し語が収録されています。

600点レベル400語
730点レベル300語
860点レベル200語
990点レベル100語

また、Supplementとして以下のテーマごとに頻出語がまとめられており、見出し語と合わせると合計1442語が収録されています。

パート1重要語100語
部署・職業名94語
前置詞・接続詞・接続副詞40語
多義語88語
定型表現120語

使用して感じた良い点・いまいちな点

良い点

すごく良いな~と感じた点については以下の通り。後述する、abceedという音声アプリと組み合わせることで効率的に学習できました。

  • 文句なしにTOEICでよく出題される単語ばかり
  • 音声の無料アプリが使いやすい
  • TOEICの出題傾向についてもまとめられている

「TOEICの世界では…」という書き出しとともに、現実世界とは異なるTOEIC出題傾向についても面白く解説してくれているので、記憶に残りやすい読み物としても楽しめました

いまいちな点

自身の使用感以外にもWeb上で見かけたいまいちな点についてまとめると以下になります。

  • 日本語→英語の表記なのでTOEIC対策としてそのまま使用するのは効率が悪い※1
  • TOEIC500点以下、900点以上の人には向いていない

※1:TOEICは英語→日本語の能力が問われるので、一般的に即効性を求めるのであれば英語→日本語で暗記したほうが効率が良いと言われています

私自身、700点台から800点突破のための底上げとして金フレを使用したので2点目で違和感を感じることはありませんでした。500点未満の方でも力技で覚えてしまえるのであれば問題ないかもしれませんが、正直900点以上の方には物足りない内容かもしれません。

また、特に多くの方のコメントを見かけたのが1点目、日→英の構成が暗記しづらいというものです。こちらは私も同意見で、始めた当初はこのままでは覚えられないとかなり焦りました。しかし、本書内でも記載されている無料の音声アプリを使用することでこの点を解消でき、最大限金フレの良さを吸収することができましたのでご紹介します。

金フレの勉強法【書籍+無料アプリ】

金フレの音声アプリ"abceed"

実は金フレ、無料アプリabceedで音声を提供しています。有料版では分析機能を利用できたりいろいろできるそうですが、今回は無料サービスのみを利用して金フレ書籍を使った学習法をご紹介します。

Step1:音声を使って一気に暗記

上記左図①のタイミングで英単語を見ただけの状態で日本語の意味を推測します。これで、金フレ最大の弱点であった日→英の表記を英→日身についているか確認することができます。

覚えていれば右図の✓マークをタップすれば緑色に変わります。
まだ覚えていない分からないな~という場合は!マークをタップして目印にしましょう。
なお、一通りマークし終えた後はマークの種類章ごとにフィルターできるので、単語帳だけで暗記するよりも効率的に何周でも覚えなおすことができます。

Step2:英語音声をシャドーイング

英語の例文は計2回読み上げられるので、上記②のタイミングでシャドーイングしてみましょう。発音しづらい文章が一発で分かるので、リスニングにも効果が期待できます。

Step3:日本語音声を使った英作文訓練

私は英会話の練習もしたかったので、③のタイミングで日本語例文で一度音声を停止し英語での例文を推測するという形の練習を取入れました。

最初は難しいですが、前置詞や動詞の形などに注意することができるので、TOEICのパート5や6にも効果があったのではないかと思います。

金フレの効果

前置詞に強くなる

元々、金フレの構成として前置詞とセットで覚えられるような例文が採用されているので思った以上に前置詞に強くなりました。また、先ほどのStep3での練習が功を奏したのかもしれません。

多義語に強くなる

SupplementでTOEICに頻出の多義語を集中的に取り組んだせいか、多義語に強くなりました。多義語のSupplementに表記されていない単語についても、知らない意味の単語だと辞書を調べて横に書き込んでいたので、一緒に覚えることができました。

TOEICが約100点上がった

他の教材も並行して勉強していたので金フレだけの効果とは言い切れませんが、TOEICの点数が700点から815点まで約100点伸びました!

単語力が増えたのでTOEICで出題される問題の9割以上の単語が分かっている状態で問題を解くことができ、正しい正解を導く力は間違いなく伸びたのだと思います。

以上、今回は金フレを1年使用して実際どうだったのかという感想を書いてみました。
他の単語帳もご検討されている方はよろしければ以下もご参考ください。
参考≫ DUO3.0の効果的な使い方【単語力強化】

英語

Posted by admin