【英単語】様々な「詐欺」の表現まとめ (fraud/scam/con)

人をだますことを意味する「詐欺」ですが、詐欺の種類によって様々な英単語があるようです。今回は、「詐欺」に関する様々な表現をまとめてみました。

意味・ニュアンス・使い方

単語主な意味ニュアンス・使い方
fraud詐欺、欺瞞(ぎまん)
詐欺行為、不正手段
詐欺師、ぺてん師
偽物
・scamよりも大がかりな詐欺
・名詞のみで動詞として使えない
・法律用語としても使われている
・フォーマル
scam信用詐欺(さぎ)、詐欺・Fraudよりも小さな詐欺
・日常会話で主に使われる
・金銭絡みの詐欺によく使われる
・名詞/動詞どちらも使える
con〈人を〉だます
ペテンにかける.
信用[取り込み]詐欺
横領.
・confidenceの略
(confidence man = 詐欺師)
・名詞/動詞どちらも使える
・信用させてだますというニュアンス

fraud

基本的にはfraud/scamは互いに代替可能ですが、fraudのほうがフォーマル利用に適しています。

また、名詞としてのみ使用できるのですが、動詞として使用できないのでscamのほうが会話的に使いやすいのではないでしょうか。

また、「詐欺」という事象をひとくくりにしてfraudということもできるので、一般的な「詐欺」をfraudと言い表すこともできます。

fraudを使った言葉

  • 保険金詐欺:insurance fraud
  • 振り込め詐欺:billing fraud

scam

fraudよりも気軽に日常使いできます。

一方、書き言葉やフォーマル利用には向いていないので、その場合はFraudを使用したほうが無難かもしれません。

Scamを使った言葉

また、以下のような〇〇詐欺という使い方をよくします。

  • 詐欺の電話:scam calls
  • 送金詐欺:money wiring scam
  • 銀行振り込み詐欺:bank transfer scam
  • フィッシング詐欺:phishing scam

con

confidenceの略としてconが「詐欺」や「詐欺師」という意味に使われています。元々はドラマにもあったconfidence Man =「信用詐欺師」から来ているようです。

≫ 参考:様々な詐欺師の表現:con artist/con man/confidence man

ですがので、動詞として使用する場合も被害者を信用させてだますというニュアンスで使われることが多い言葉です。

ちなみに賛否を表すpros and consの"Cons"は、ラテン語"contra"=「反対する」の略なので意味も語源も異なる別物です。

以上、今回は「詐欺」に関する様々な表現についてまとめました。

自身の勉強用備忘録ですので、認識間違いのご指摘やアドバイス等ございましたらtwitter(@micke61432899)までご連絡いただけると幸いです。

英語

Posted by admin